FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えゴトメモ ~自分整理~

グーグルでの働き方―シュミット会長語る
より

――あなた方が就職面接で最もよく聞く質問は何か ――

ローゼンバーグ氏:いちばんよく聞くのは「何に驚いたか」だ。「過去10年間のテクノロジー分野で何に驚いたか」といった具体的な質問をする。理由は、その答えで応募者の考え方が分かるからだ。何に驚いたかを正しく答えるには「これがAとBに対する私の解決法です。これが驚きで、その後私はこのように考え方を変えました」と言わなければならない。

 製品マネジャーに対する別な聞き方としては、「製品の開発中に何に驚いたか、そしてその製品に採用されなかった機能は何か」というのもある。この聞き方をすると、その応募者が本当にその製品の開発責任者だったのか、誰かの功績を自分の手柄にしようとしているだけなのかが見極められる。後者だとしたら、開発の過程で経験したはずの試行錯誤を説明できないからだ。

シュミット氏:私が好んで聞くのは「あなたが夢中になっている何か新しいことについて聞かせてほしい」という質問だ。私はこれで応募者の洞察、情熱、献身を判断する。応募者は何かに夢中になっていなければならない。それが現在の仕事じゃないとしても構わない。この質問をすることで、その人が何に人生を費やしたいのか、何を優先するのかを感じ取ることができる。スマート・クリエイティブを選び出すのにはとても有効な質問だ。

 グーグルでは面接のチャンスが5回しかないので、応募者には自分が独創的な考えの持ち主で、前職で身に付けた宣伝文句を繰り返しているだけではないということを明確にする何かが必要だ。




驚いた事。。。
思いつかないなぁ。。。
驚きっていうより

『へぇ~~~』って関心しちゃう。

そぉ考えるんだぁ。。。とか
もっと探究したくなっちゃう


トラブルとかの驚き。。。
ん~~~。。。
その最中は至極集中している。
スッゴイ勢いで頭フル回転させてたなぁ

自分のキャパ超えて頭真っ白になった時
そんな状況ではいくら考えても無駄だから
一先ず寝てたなぁ

そんなこんなでダイタイどぉにかなっちゃぅ
どぉにかならなくても時は刻々と経ち
新たな波が押し寄せてくる


図太い?
考えが足りない?
考えが甘い?

評価しようが無いよね
量れるものじゃないからさぁ┐(´ー`)┌


ぁ、、、一応それが自分の驚きの反応か。。。
スポンサーサイト

テーマ : 日々あれこれ
ジャンル : ブログ

1500万までの贈与が非課税

へ~~~

最近、やっと経済に関心を持ち始めた初老デス。。。

昔、5コ下の同僚に政治や経済の話をされて

『そぉいぅの興味ないし無知なんだよね~』って鼻くそホジルばりな態度(姿勢)であった自分。


子や孫への教育資金、非課税

そもそも
子供への継続的な教育費が非課税
って事も今知った

この流れで、昨日勉強した不動産取得税と固定資産税を勢いで纏める

不動産取得税:都道府県へ取得した時1回だけ納める。
税率は、固定資産課税台帳価格に
土地・・・・3%(特例)←セール中♪
家屋・・・・3%(特例)← 同 上 ♪
家屋以外・・4%(通常税率)

固定資産税:毎年、元旦の時点で登記簿上所有者が市区町村へ納める。

不動産価格=固定資産課税台帳価格

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

sky ~ コレから ~

中国製のカウルは金型がコピーにコピーを重ねている
ので製品精度が低い らしい
(バイク関係知人情報)

事実、チリやボルト穴位置がフレームとズレている
       &
ある程度の加工を施さないと取り付けられない

複製品だから価格は3分の1程度。
コレが唯一のメリット(?)


製品精度が低い
    ↓
絶えず伝わる振動に依ってボルトが直ぐ緩む
    ↓
精度低い為、しっかりとボルト締めしようとすると割れる
    ↓
  ボルト緩む
    ↓
気付くと無くなっている
    ↓
    の
ダメダメ~スパイラルル~


ボルト無くなっちゃったからコレから工場行こう♪
DVC00145.jpg
ぁ、、、 (∇ ̄〃)。o夕焼け
雲に反射してる太陽光と空の淡~~~いタングステンブルーのコントラスト
キレイねぇ~*。:゚+゚*(○´∀`*艸).+゚*。:゚+


なんとなく。。。善ぃ人になろぉと思った。

テーマ : 日々あれこれ
ジャンル : ブログ

やっぱ全てが光と影だと思う

光と影
陰と陽
表裏

言い方は何でもよい


糸井さんの今日のダーリンより
(2014.09.08)

・ブータンに行っている為末大さんが、
 ツイッターで、こんなことを記していました。
 <日本では死ぬことは良くないことだ
  というのを前提に、医療も、
  様々な社会システムも発展している。
  生きていることは最も善いことであると信じて
  人は長生きをする。>
 もともと、死については語りにくいものがありますが、
 死を「良くないことだ」という以外のことを言うのは、
 「じゃ、良いことなのか?
  良いことなら、死を歓迎するのか?」
 と問い詰められそうな雰囲気があります。

 良いも良くないも、死は、山や海のようにあるもので、
 良いだの悪いだのの考えは、後からつくられたものです。
 ごく単純に、ぼくにも死はセットされているし、
 あなたにも、誰にも、死が必ずくるわけです。
 生まれるということと、死ぬということはひとつです。
 しかし、ぼくらは、生きている間は、
 生きているものの世界しか知りませんし、
 生きている世界にたっぷりの未練もあるので、
 死ぬ時がくることを、いつまでも待たせようとします。
 そして、やがて、そのうちには、
 死は「良くないこと」とされていくのでしょう。
 
 生きようとしても、死んでしまう。
 これは、あたりまえの事実なのに、
 目的が実現しない失敗のように扱われてしまう。
 ぼくらは、そういう「気分」のなかに生きています。
 死を怖れることも、死から逃げようとすることも、
 おそらく自然なことなのだと思うのですが、
 生に対して死がやってくることを、
 良くないこと、悪いこととするのは、逆に、
 一生というものへの冒涜のような気がするんですよね。
 
 殺処分の順番が早く回ってきそうな老犬が、
 「ミグノン」にきて、死を迎えることがよくあります。
 かつて友森さんが言った、
 「わたしがいないときに死んでもいいんだよ」
 ということばが、ずっと忘れられません。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
死んだ者の世界から、こっちへの視線を想像してみる‥‥。



『 死 』に対して待たなくて良いと言える
友森さんの優しさ(=強さ?)に「ハッ」とさせられた。。。

為末大さんのツイートってどんな内容なのかな?
後でchek it out !

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

ドナドナカウンター

プロフィール

こやじ

Author:こやじ
■空が好き。特にメットのシールド越に見える、フィルター掛かった風景が好き。
小動物と自然が好きな小っちゃなオヤジのログ。
日本人口減少に加担している一人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。